ENGLISH
Powered by google
JA全農グループ 全農畜産サービス株式会社
トップページ
畜産施設
畜産資材
海外事業
種豚
ひな
会社概要
採用情報
お問い合わせ
個人情報保護方針
サイトマップ

養牛・酪農資材

発情発見システム

歩数計型発情発見システム
牛歩(特許申請中)

【 牛歩 】は足首又は首に着けた送信機から電波で1時間単位の歩数を知らせるシステムです。

■ 機能・・・

  •  送信機を雌牛の足又は首に専用ベルトにて取り付け、受信機を経由して1時間単位の歩数を事務所のパソコンに知らせます。
  •  送信機の電池寿命は約5年です。(気候により多少変化します)
  •  送信機は完全防水になっています。
  •  受信機(IFR400TT-II型)1台で最大999頭の牛を管理出来ます。
  •  歩数の増加により発情を見つけます。又、1時間単位の歩数が分かる為、発情開始時間を見つける事が出来、授精適期(発情開始後10〜18時間)が分かります。
  •  地域の複数農家を1ヶ所(授精師宅等)にて管理し、電話回線を利用する事で地域全体の分娩間隔を夢の1年1産に近づけられます。
  •  発情発見の管理が不要となり、他の作業が可能となり畜産農家の省力化になります。
  •  授精師は朝パソコンを開くだけで各農家のデータが自動的に入り、1日の行動予定が立て易くなります。
  •  歩数が減少する事により、牛のケガや病気等を見つける事も出来ます。
  •  放牧地の受信機の電源は、ソーラーシステムを採用します。
  •  搾乳牛・和牛・放牧牛・育成牛・繋ぎ牛で利用出来ます。

■和牛生産・酪農家の皆さんへ
  朗報・経済効果抜群

上・・牛舎(つなぎ・フリータイプ) 下・・放牧タイプ
上・・牛舎(つなぎ・フリータイプ) 下・・放牧タイプ  

*1: 約半径150m以内であれば、牛歩より1時間に1回データを受信機へ送信します。 *2: データ受信範囲(水飲み場周辺)に牛が来れば牛歩のデータを受信機へ送信します。
万歩計 GMX411CT-II 受信機 IFR400TT-II
万歩計 GMX411CT-II 受信機 IFR400TT-II
万歩計 TMT411E 受信機 TER400E
万歩計 TMT411E 受信機 TER400E