ENGLISH
Powered by google
JA全農グループ 全農畜産サービス株式会社
トップページ
畜産施設
畜産資材
海外事業
種豚
ひな
会社概要
採用情報
お問い合わせ
個人情報保護方針
サイトマップ

養牛・酪農資材

代用乳自動溶解装置


  ミルメーカー楽らく®[特許申請中]


ミルメーカー楽らく® ミルメーカー楽らく®
ミルメーカー楽らく®

◆ 一定した溶解品質(濃度・温度)で人工哺育をサポートします。
◆ 簡単操作で大幅な省力化、作業時間の短縮につながります。
◆ 誰でも簡単に操作できるマイコン制御方式(自動計量・自動溶解)です。
◆ 簡単メンテナンス構造です。


■代用乳自動溶解装置「ミルメーカー楽らく」主な仕様
型式 OFS−100N
定格電圧
3相 200V 50/60Hz
定格消費電力 6.05kW (内、6kWは電熱器 3相 200V 50/60Hz)
電流値 18A
使用環境温度 0〜40℃(結露無き事)使用環境温度を下回る場合、別途オプション必要
本体寸法 幅700mm×奥行500mm×高さ1667mm(代用乳投入口高さ1550mm)
本体重量 66kg
機能 ミルク作製 (代用乳溶解)
溶解タンク洗浄
ミルク作製
(代用乳溶解)
運転切替 ・自動
・手動 (添加剤投入時等)
使用環境温度20℃での作製時間
(哺乳ポット5本分作製時
給水開始から作製終了まで)
5分以内 (予熱後、作製温度40℃設定)
代用乳ホッパー容量
7kg以内 (代用乳として)
哺乳ポット作製本数 1本〜5本 任意選択 (1.8リットル/本)
全給湯量 9.0リットル (1.8リットル×5本/微調整機能付)
給湯1.8リットル当りの代用乳供給量 200g〜600g
(50gピッチで任意選択/微調整機能付)
付帯機能 ミルク作製後の再攪拌機能
(添加剤投入口有)
給湯温度設定 ミルク作製温度 38℃〜50℃ (1℃ピッチで設定可能)
溶解タンク洗浄温度
60℃ (固定値)
安全装置 ・電源保護 ・湯過熱保護 ・空焚き防止
・モーター過負荷保護 ・モーター回転検知
安全規格 電気用品安全法(PSE) JET5770-81070-1001

※ 楽らくへの給水温度は、0〜36℃以内でご使用下さい。
※ 使用環境温度が0度を下回る場合は、必ず専用ヒーター(No.20701-007001)をお買い求め下さい。
※ 電源工事の際、一次側に漏電ブレーカ(定格電流20A・定格感度電流30mA)の設置を行って下さい。
※ 電源ケーブルは、5.5mm以上をご使用下さい。
※ アース(接地)工事は必ず行って下さい。
※ 本ページに記載の製品の仕様、概観は改善のため予告なしに変更することがあります。