ENGLISH
Powered by google
JA全農グループ 全農畜産サービス株式会社
トップページ
畜産施設
畜産資材
海外事業
種豚
ひな
会社概要
採用情報
お問い合わせ
個人情報保護方針
サイトマップ

種豚


メニュー種豚とは枝肉肉質生産農場AI(人工授精)用精液定期衛生検査成績
育種改良情報AIのご案内深部注入カテーテル・マガプラスお問い合わせ先リンク集

ハイコープSPF豚の肉質

 ハイコープSPF種豚は肉質最優先の独自の育種改良を長年にわたり実践してきました。その結果、ハイコープSPF肉豚は国内のマーケットにマッチした高品位な肉質として高い評価を受けています。

1 肉質が柔らかく適度な脂肪交雑がある
   ハイコープSPF肉豚の肉質の特徴は、第一に肉質が柔らかく、ロース芯に適度な脂肪交雑(サシ)が入っている点です。このことによって、肉に高い風味が付与され、ハイコープ豚のおいしさの素となっています。

2 物理的な特性も良好
   保水性や伸展率の値も良好で、これはドリップの発生が少ないことを表しています。また、柔らかさを示すせん断力価も約3.0kgfで、一般の豚肉よりも柔らかいことが物理的に証明されています。

3 肉のきめが細かい
  * 他社との比較写真
ハイコープ 他社A 他社B
ハイコープSPF、他社A、他社B

4 筋間脂肪の蓄積が多い
  * 他社との比較写真
ハイコープ 他社A 他社B
ハイコープSPF 他社A 他社B