ENGLISH
Powered by google
JA全農グループ 全農畜産サービス株式会社
トップページ
畜産施設
畜産資材
海外事業
種豚
ひな
会社概要
採用情報
お問い合わせ
個人情報保護方針
サイトマップ

種豚


メニュー種豚とは枝肉肉質生産農場AI(人工授精)用精液定期衛生検査成績
育種改良情報AIのご案内深部注入カテーテル・マガプラスお問い合わせ先リンク集

ハイコープSPF種豚の育種改良情報

雌系品種

 雌系品種であるランドレース種や大ヨーク種にまず求められる能力は優れた繁殖性能です。しかし、産子数や離乳頭数といった性能は遺伝率が低く、小規模な育種集団では効率的な改良が困難です。

ランドレース種

 ハイコープSPF豚のランドレース種は、東日本原種豚場(GGP農場)と日本各地のGP農場で合計3,000頭を超える母豚が稼働しています。これらはすべて東日本原種豚場で生産された種豚であり、同一系統の純粋ランドレース種母豚集団としては国内最大規模です。
この集団規模を利用して、「大規模閉鎖群育種」により多産母豚を選抜し、繁殖能力を改良してきました。
 平成19年からは、繁殖能力の改良スピードをさらに高めるために、繁殖成績の卓越した別系統のランドレース種豚を国内外より取り入れる「開放型育種」を実施し、多産性と強健性、飼い易さを備えた「ゼンノーL」が誕生しました。

大ヨークシャー種

 もうひとつの雌系品種である大ヨークシャー種「ゼンノーW」も、全国のGGP・GP農場で1,000頭以上の母豚が稼働しており、ランドレース種と同様に大規模閉鎖群育種と開放型育種(平成21年〜)を組み合わせた手法で繁殖能力などを改良しました。

大ヨークシャー種

 これらのランドレース種と大ヨークシャー種から生まれた「ハイコープSPF・F1雌種豚」は、原種豚の改良を進めた結果、1母豚あたり年間26頭の肉豚出荷が可能な”多産系”F1雌種豚となり、平成26年度デビュー予定となっています。


全農グループでは、今後も繁殖能力だけでなく産肉能力や飼料効率などの形質の改良も進めると同時に、飼養管理体系や哺育技術といった周辺技術の研究開発もさらに進めます。

雄系種豚

 豚肉の肉質に対するニーズは国や地域によって大きく異なります。特に日本国内で好まれる豚肉は良質で適度な量の脂肪が求められる点で世界でも特異なマーケットと言えます。

 三元交雑肉豚の場合、肉質を決める遺伝的な要因の約50%は留め雄の能力で決まるため、この点で肉質に対する留め雄の役割は大きく、特に国内のニーズに合致する豚肉生産のための留め雄の開発は豚肉の商品性を維持するうえで非常に重要になっています。

 なお、留め雄に求められる産肉能力や肉質といった資質は比較的遺伝率が高く、小さな育種群でも急速な改良が可能です。また、小さな育種群にすることで血縁関係が急速に高まるので、産肉能力や肉質の斉一性を高めるためにも有利です。

 そこでハイコープSPF豚生産では、留め雄として肉質が良く発育が早いデュロック種を採用し、閉鎖群による系統造成法で育種改良を持続するものとします。

デュロック種

 現在は、従来稼働していましたデュロック種「ゼンノーD-01」から肢蹄の丈夫さや肉質の良さは受け継ぎつつ、さらに発育能力や肉質が向上した「ゼンノーD-02」(平成21年春に完成)を販売しています。



 このように、ハイコープSPF種豚では雌系種豚と雄系種豚についてそれぞれ明確な改良目標を設定し、最も適した手法を用いた遺伝的改良を行っています。
 ハイコープSPF種豚は、CM肉豚生産農場において繁殖能力、産肉能力および肉質の全ての面で最高の成績を発揮することを目標としています。